Besides owning educated experts build personalized newspapers, we offer a type of advantages to strengthen your experience with our team. From essays, dissertations, records and also other specialized articles, we are available to provide level of quality articles with your ask for. You are now with the the best web-site for essay composing providers. If you are searching for the most professional paper writing service one has accumulated according to your outline for you. Critically assess your quest data. While using the finest accessible options, search for accuracy and authenticate that the details are informative, updated, and right. Opposing views should be observed when they make it possible to assist your thesis. This is the most essential step in composing a study document.

「究極の輝き」

未知への挑戦

アイディアルラウンドブリリアントカット100年の歴史

SCROLL

輝きの歴史はここから始まった

ベルギーに200年続く、ダイヤモンドの名門トルコウスキー一族。 1919年、4代目のマーセルは「アイディアルラウンドブリリアントカット」を考案し、
ダイヤモンドに初めて「輝き」という価値を与えました。

世界の90%以上のダイヤモンドカットのルーツとなった
「アイディアルラウンドブリリアントカット」。
そんな別格の輝きを生み出すカットが誕生し、2019年で100年を迎えます。

ダイヤモンドがこれまで歩んできた長い歴史を紐解いていきましょう。

トルコウスキー家7代目 ジャン・ポールの想い

7代に亘る歴史のなかで、私に影響を与えた人物が、 アイディアルラウンドブリリアントカットを生み出した4代目マーセルと、 カッティングの芸術家と評される6代目ガブリエル。 ふたりから受け継いだことは、完璧なカットを施しこれ以上ない輝きを引き出すことです。

ダイヤモンドは私の人生であり、私のすべてです。 ダイヤモンドの原石を眺めながら、これを身に着けるのはどんな人だろうといつも考えています。 原石から美しいジュエリーになるまでの長い道のりを想像するのです。

7世代の伝統、美しさを受け継ぎながらそれを常に超えようと努力しています。

ダイヤモンドカット 600年の変遷

  • 1400
  • 1500
  • 1600
  • 1700
  • 1919
  • ポイントカット
    重量と大きさを保持するため、表面のみ研磨。
  • テーブルカット
    最小限のファセット(研磨面)で、
    原石の重量を保ったもの。
  • ローズカット
    いくつかのファセットで構成されたダイヤモンド。
  • オールドマインカット
    現在のラウンドブリリアントカットの
    原型とも呼ぶべきスタイル。
  • オールド
    ヨーロピアンカット
    ラウンドブリリアントカットの旧式スタイル。
  • アイディアルラウンド
    ブリリアントカット
    マスターカッターであり数学博士でもあった4代目マーセル・トルコウスキーは、 ダイヤモンドに”輝き”という命を吹き込むことに心血を注ぎ、 カッティングプロポーションによる光効果を分析。
    世界で最も美しいカット、 アイディアルラウンドブリリアントカットを導き出した。

マーセルが与えた 「輝き」という価値

100年変わらない、不変の輝き。

マーセルはその著書「ダイヤモンド・デザイン」の中で、ガードル径を100%としてテーブル径53%、クラウン高16.2%、パビリオン深さ43.1%、クラウン角度34 1/2°、パビリオン角度40 3/4°としたとき、最も魅力的で方向性の良い虹色の光を生じると解説。 現代における理想のダイヤモンドを生み出した理論は瞬く間に世界中に広まっていきました。 マーセルが生み出したこの輝きの方程式は、今や9割を超えるダイヤモンドカットのルーツになっており、100年経った今でも、これを超えるカットは未だ開発されていません。

トルコウスキー一族 7代にわたる歴史

  • 1800
  • 1900
  • 1919
  • 2019
  • アブラハム・
    トルコウスキー
    ダイヤモンドの聖地、 アントワープに、研磨工場を設立。
  • サム・
    トルコウスキー
    世界最古のダイヤモンド取引所で 初代会長となる。
  • ポール・
    トルコウスキー
    ベルギー王室との親交が深く、 多くのジュエリーを納める。
  • マーセル・
    トルコウスキー
    マスターカッターであり数学博士でもあった 4代目マーセル・トルコウスキーは、 ダイヤモンドに”輝き”という命を吹き込むことに心血を注ぎ、 カッティングプロポーションによる光効果を分析。
    1919年、今もなお世界で最も美しいと賞賛される究極のカット、 アイディアルラウンドブリリアントカットを発明。
  • ジーン・
    トルコウスキー
    イスラエルのダイヤモンド産業や 取引所発足に尽力する。
  • ガブリエル・
    トルコウスキー
    歴史に名を残す ダイヤモンドのカッティングを手がける。
  • ジャン・ポール・
    トルコウスキー
    エクセルコ社、 トルコウスキーブランドなどを設立。

ジャン・ポールからの メッセージ

天才カッター、ガブリエル・トルコウスキーの息子として、 14歳で研磨の世界に入った父と同じくダイヤモンドの世界に進み、 マーセルの正式な継承者としてEXELCOを設立した、 7代目ジャン・ポール・トルコウスキーからのメッセージです。

PAGE TOP